*

「バルーン競技飛行」の写真集 Part.1


毎年、10月の最後の週、または11月の最初の週の水曜日から日曜日まで、佐賀県で「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されています。

 

「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷をメイン会場に行われるアジア最大級を誇る熱気球国際的なフェスティバル(競技大会)です。

 

今回は、2011年度の「バルーン競技飛行」の写真をお届けしていきます。

 

 

「バルーン競技」の時間について

 

バルーン競技は、早朝の「朝7時~9時」とお昼の「3時~5時」の2回です。

 

「お祭りナビゲーター」の管理人は、2011年と2012年の2年連続行きましたが、

朝の競技では、河川敷のローンチエリアから出発することが多く、お昼は河川敷がゴールになる競技が多いです。

 

ローンチエリアから出発する時は、7時前には河川敷についておかないと、

遅刻すれば、バルーンを見ることができません。

 

逆に、お昼の場合は、午後3時30分を過ぎないと、

バルーンを見ることができませんでした。

 

もちろん、これは、気象条件によって変わりますが、

良かったら、参考にして下さいね。

 

 

「バルーン競技飛行」の写真集 Part.1

 

この写真は、2011年11月4日に撮影した写真です。

午前の競技飛行

 

この日の午前中の競技飛行は、ローンチエリアから気球が飛び立ちました。

 

この日は会場に着いたのが7時30分位でしたので、

残念ながら、気球が飛び立つところを見ることができませんでした。

 

DSC_0603

IMGP6655

DSC_0553

午後の競技飛行

 

この日の午後の競技飛行では、河川敷のローンチエリアがゴールになりました。

午後3時以降に、数キロ先からバルーンが飛び立ち、ローンチエリアに向かってきます。

そのため、午後4時を超えると、多くの気球がローンチエリアに近づいてきます。

 

IMGP6783

 

トップバッターは沼田実さん。

「ターゲット」と呼ばれるゴールに向かって、「マーカー」を投下する所です。

DSC_0681

 

大成功!

観客の皆さんに手を振っている所です。

DSC_0713

 

 

他の気球もたくさんターゲットに近づいているのですが、

ターゲットの真上には容易にたどり着けません。

DSC_0751

IMGP6888

IMGP6876

IMGP6846

IMGP6913

 

手を伸ばせば届くような所を飛んでいく気球もありますので、

堤防の上で見ると、かなり迫力があります。

IMGP6941

IMGP6946

IMGP6951

IMGP6973

IMGP6996

 

ゴールを目の前にしながらも、ターゲットに近づくことができず、

タイムリミットで河川敷のすぐ近くの道路に着陸した所です。

IMGP7007

IMGP7022

 

堤防の上にいると、間近で気球を見る機会が多くあります。

IMGP7036

 

夕焼けをバックに飛んでいきます。

DSC_0793




パソコン用


関連記事

baloon

「佐賀バルーンフェスタ」のアクセス

毎年、10月の最後の週、または11月の最初の週の水曜日から日曜日まで、佐賀県で「佐賀インターナショナ

記事を読む

baloon

「佐賀バルーンフェスタ」の2013年のスケジュール

毎年、10月の最後の週、または11月の最初の週の水曜日から日曜日まで、佐賀県で「佐賀インターナショナ

記事を読む

baloon

バルーンファンタジアの写真集 Part.1

毎年、10月の最後の週、または11月の最初の週の水曜日から日曜日まで、佐賀県で「佐賀インターナショナ

記事を読む

baloon

「バルーン競技飛行」の写真集 Part.2

毎年、10月の最後の週、または11月の最初の週の水曜日から日曜日まで、佐賀県で「佐賀インターナショナ

記事を読む

baloon

バルーンファンタジアの写真集 Part.2

毎年、10月の最後の週、または11月の最初の週の水曜日から日曜日まで、佐賀県で「佐賀インターナショナ

記事を読む

パソコン用



全国のお祭り情報


全国のお祭りやイベントの写真はこちらから



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑